トップページ > 校区福祉委員会 > どんな活動をしているの?

地域のつながりハート事業
校区福祉委員会が主体となって取り組んでいる、“地域の方々が交流を通してお互いが知り合いつながっていく心のこもったあたたかい地域ボランティア活動”です。
詳細は、下記1〜6をクリックしてください。

1.個別援助活動
個別援助活動って?
在宅で生活している人や外出が困難な方など、支援を必要とする人たちへのさまざまな援助活動を行います。
誰が対象?
ひとり暮らし高齢者や高齢世帯、障がいのある人、子育て中の親御さんなどが対象です。
どんな活動をしているの?
活動 内容
見守り・声かけ訪問活動 日常的な見守り・声かけ、安否確認、電話訪問など
配食活動 食事の用意が困難な人への食事提供や安否確認など
家事援助活動 食事づくり、買い物、掃除、洗濯、郵便物の投函などの簡易な援助
外出援助活動 散歩や買い物、病院等の外出時の付き添いなど
軽作業援助活動 簡単な大工仕事、草刈りなどの軽作業
介護・介助活動 簡単な身の回りの世話、清拭、洗髪など
いつしているの?
校区によって回数が異なりますが、概ね週2回以上取り組んでいます。

※校区によって実施状況が異なります。
各校区の取り組み内容や詳細を確認したい場合は、
各校区の活動内容」をご覧ください。

活動に関するお問い合わせは、お住まいの区の社会福祉協議会へ。
↑メニューへ戻る

2.グループ援助活動
グループ援助活動って?
地域会館や学校等の地域拠点に集まり、ふれあい交流を図る活動です。
誰が対象?
高齢者や障がいのある人、子育て中の親御さんや子どもたちなど地域にお住まいの方が対象です。
どんな活動をしているの?
活動 内容
いきいきサロン レクリエーション、手芸、茶話など
子育て支援(サロン)活動 遊びを通じての交流、子育てについての交流や相談
ふれあい食事会 季節行事や食事などを通じてのふれあい交流
地域リハビリ 専門スタッフの指導とボランティアの協力によるリハビリ活動
世代間交流 高齢者と子どもが歌やゲーム、昔遊びなどを通じての交流
ふれあい喫茶 誰もが気軽に立ち寄り交流を図る地域の集いの場
その他のグループ援助活動 上記以外で校区福祉委員会が取り組む援助活動
どこでしているの?
地域会館、自治会館、集会所、学校、福祉施設、公民館など

※校区によって実施状況が異なります。
各校区の取り組み内容や詳細を確認したい場合は、
各校区の活動内容」をご覧ください。

活動に関するお問い合わせは、お住まいの区の社会福祉協議会へ。
↑メニューへ戻る

3.校区ボランティアビューロー
校区ボランティアビューローって?
地域に暮らすみんなが気軽に立ち寄れる場所です。
何ができるの?
・誰でも気軽に立ち寄り交流できる
・生活に必要な情報を得ることができる
・悩みごとやちょっとした相談ができる(ボランティアがいます) など
どこでしているの?
地域会館、自治会館、集会所、学校、福祉施設、公民館など
いつ活動しているの?
週1回以上開かれています。
校区によって日時が異なるため詳しくは各校区の活動内容
ご確認ください。

※校区によって実施状況が異なります。
各校区の取り組み内容や詳細を確認したい場合は、
各校区の活動内容」をご覧ください。

活動に関するお問い合わせは、お住まいの区の社会福祉協議会へ。
↑メニューへ戻る

4.お元気ですか訪問活動
おげんきですか訪問活動って?
近隣での見守りが必要と思われる方々へ「お元気ですか?」と声をかけ定期的に訪問を行う活動です。
誰が対象?
ひとり暮らし高齢者や高齢世帯、障がいのある人が対象です。
どのくらいの頻度で開催しているの?
対象者により月1〜4回程度の訪問を行っています。

※校区によって実施状況が異なります。
各校区の取り組み内容や詳細を確認したい場合は、
各校区の活動内容」をご覧ください。

活動に関するお問い合わせは、お住まいの区の社会福祉協議会へ。
↑メニューへ戻る

5.その他の校区福祉委員会活動
広報・啓発活動
校区福祉委員会の機関紙の発行、活動・行事のちらし配布、掲示板や回覧板の活用
研修・学習活動
担い手の募集、各種研修会・勉強会の実施、住民講座など
連絡・調整活動
活動推進に向けた各種会議の開催、関係機関・団体などとの連絡調整
↑メニューへ戻る

6.地域のつながりハート研修会
地域の福祉活動の一層の推進をめざし、校区福祉委員を対象に年一回実施しています。

【平成28年度 開催実績】
日 時 平成29年2月2日(木)
場 所 堺市総合福祉会館 5階大研修室
テーマ 「地域福祉施策の新たな展開と堺市における多様な居場所づくりに向けて」
参加人数 117名(59校区95名、社協・関係機関等22名)
内 容

基調説明「地域福祉施策の動向と堺市における居場所づくりの現状について」
(説明者: 堺市社会福祉協議会)
実践報告「みんなの地域づくり〜それぞれの強みを活かして〜」
(報告者 : 堺市社会福祉協議会 )
事例紹介「八田荘校区の報告〜町会単位の喫茶展開や男性の巻き込み〜」
(登壇者 : 八田荘校区福祉委員会 委員長 辻内方洋)
事例報告「つどい食堂への道」
(登壇者 : 社会福祉法人 竹林会 デイサービスつどい 施設長 奥野 守 氏)

【平成27年度 開催実績】
日 時 平成27年9月1日(火)
場 所 堺市総合福祉会館 6階ホール
テーマ 「堺コッカラ体操」
参加人数 140名(45校区91名、社協・関係機関等49名)
内 容

 講演と実技「堺コッカラ体操」
(講師:関西大学人間健康学部 弘原海 剛 氏
(講師:関西大学人間健康学部 学生のみなさん)

【平成26年度 開催実績】
日 時 平成27年1月30日(金)
場 所 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
テーマ 「これからの地域福祉を考える〜潮流と展望〜」
参加人数 135名(74校区116名、社協・関係機関等19名)
内 容 講演:「これからの地域福祉を考える〜潮流と展望〜」
PART1:地域のつながりとその現状
PART2:これからの地域福祉の展望
(講師:同志社大学社会学部 准教授 永田 祐 氏)
【平成25年度 開催実績】
日 時 平成26年2月3日(月)
場 所 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
テーマ 「高めよう、地域の力 〜発見力・つなぎ力・見守り力〜」
参加人数 129名(68校区106名が校区より参加、社協・関係機関等23名)
内 容 報 告:「校区福祉委員会活動と地域のつながりハート事業のこれから」
(報告者:堺市社会福祉協議会)

講 演:「社会情勢から見た地域福祉活動の必要性 〜堺市の状況をふまえて〜」
(講師:大阪府立大学 准教授 小野 達也 氏)

事例報告: 報告@ 「土師校区に根ざした地域福祉活動について 〜ボランティアビューローを通して〜」
(報告者:土師校区福祉委員会・堺市社会福祉協議会 中区事務所)
  報告A 「見守りから支援に繋げるしくみ」
(報告者:湊西校区福祉委員会・堺市社会福祉協議会 堺区事務所)
【平成24年度 開催実績】
日 時 平成25年2月7日(木)
場 所 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
テーマ 「地域の関心を高める広報〜校区福祉委員会を伝えるコツ〜」
参加人数 121名(60校区94名が校区より参加、社協・関係機関等27名)
内 容 講演:「地域の関心を高める広報〜校区福祉委員会を伝えるコツ〜」
(講師:株式会社ペンコム 増田 ゆきみ 氏)
【平成23年度 開催実績】
日 時 平成24年2月6日(月)
場 所 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
テーマ 「堺市における地域福祉の可能性〜校区福祉委員会活動の過去・現在から未来を考える〜」
参加人数 122名(69校区102名が校区より参加、社協・関係機関等20名)
内 容 基調報告:「堺市の校区福祉委員会活動について」(報告者:堺市社会福祉協議会)

講演:「堺市における地域福祉の可能性」
(講師:佛教大学 福祉教育開発センター 講師 金田喜弘氏)
【平成22年度開催実績】
日 時 平成23年2月14日(月)
場 所 堺市総合福祉会館 5階 大研修室
テーマ 『「地域のつながりハート事業」と「地域福祉ねっとワーカー(CSW)」とのかかわりについて〜安心して暮らせる地域づくりに向けて〜』
参加人数 110名(65校区95名が校区より参加、関係機関等15名)
内 容 基調報告:
「堺市での地域福祉ねっとワーカー(CSW)の概要・展開について」
(報告:堺市社会福祉協議会)

基調講演:
「コミュニティソーシャルワーカー(CSW)とは
〜つながり、支え合いによるまちづくりをめざして〜」
(講師:大阪教育大学教育学部教養学科准教授 新崎国広氏)

事例報告:
報告@ 有馬 正行氏(錦綾校区福祉委員会 委員長)
守屋 紀雄(堺市社会福祉協議会 堺区事務所)
報告A 山田 浩己(堺市社会福祉協議会 西区事務所)
報告B 藤原 真紀氏(在宅介護支援センター ハーモニー)
宮崎 浩二(堺市社会福祉協議会 東区事務所)
報告C 山本 豊広(堺市社会福祉協議会 中区事務所)

コーディネーター/新崎国広氏(大阪教育大学教育学部教養学科准教授)
↑メニューへ戻る