トップページ > 職員の不祥事について
職員の不祥事について
 

 この度 、本協議会職員が、堺市民生委員児童委員連合会(以下、民児連)で保有する運用積立金から約 1,000 万円を不正に私的流用していたことが判明いたしました。
  堺市社会福祉協議会は、地域住民の皆様や各種福祉団体及び関係者の方々に支えられてきた組織でありますが、今回の事態で、地域福祉の推進に日々ご尽力されている皆様の信頼を失墜させてしまうこととなり、誠に申し訳なく、心から深くお詫び申し上げます。
  一職員の自分勝手で無責任な不祥事とは言え、当該職員によるずさんな経理事務が見逃されていたことなど、組織としての管理責任・チェック体制が不十分であったことは改善されなければなりません。
  今後、二度とこのような不祥事が起こらないように、組織内のチェック体制を強化するとともに、再発防止のための万全の方策を取り組んでまいり、今回の不祥事で失われた皆様の信頼を取り戻すために、努力を重ねてまいる所存でございます。 
  この度は誠に申し訳ございませんでした。ここに改めて深くお詫び申し上げます。

平成28年2月3日
社会福祉法人堺市社会福祉協議会 会長 静 又三

詳細はこちら (PDF 版 )