堺市ファミリーサポートセンター あなたの子育て応援します
toppupe-ji 登録方法「(依頼会員) 登録方法(提供会員・両方会員) よくある質問 援助活動 会員専用 ブログ
会員専用 依頼会員・提供会員・両方会員様専用コンテンツ
お知らせ
依頼会員・両方会員さんへ
活動をお願いしている方は、活動前に必ず保険(活動日時)の連絡をお願いします。連絡には、「お住まいの区・依頼会員の会員番号・氏名・子どもの名前、提供会員の氏名、活動日時、活動内容」をお知らせください。 最長2か月分を電話・FAX・メールで受け付けしていますので下記の保険(援助活動)の連絡についてをご利用ください。

提供会員・両方会員さんへ
活動報告書の提出をお願いします。活動の翌月の10日までに事務局または、各区役所にある社会福祉協議会区事務所・地域のサブリーダーへお届けください。
様式ダウンロード
 事前打ち合わせ表 【word】【pdf
保険(援助活動)の連絡について
提供会員(両方会員)へ援助のお願いをした方は、活動前に、連絡フォーム【1】・Eメール【2】・FAX【3】・電話【4】のいずれかの方法で必ず連絡してください。
【1】 右の申込みフォームに必要事項を入力し送信(自動返信されます) 保険連絡フォーム
【2】メールにて必要事項を送信(事務局から確認メールを送信します) メールで送信
【3】「保険連絡様式」(Excel)を利用して、FAX 保険連絡様式Excel
【4】事務局 ・・・ 電話:072-222-8066(時間外は留守番電話に必要事項を伝言ください。)
料金について
1時間 700円(最初の1時間までは、1時間未満でも1時間とします)
兄弟姉妹の場合は、2人目からは、1時間350円(半額)になります。
1時間を越えたら、以降30分単位で半額の1人目350円(2人目175円)ずつ加算されます。
食事やおやつ・交通費等の別途実費が必要です。
当日キャンセルは、1件300円、無断キャンセルは、全額の取り消し料がかかります。
活動時間の考え方
開始時間
1.依頼会員が提供会員宅へ子どもを連れて行き、託した時間
2.学校・保育施設等ヘ迎えに行くため、提供会員が自宅を出発した時間

終了時間
1.提供会員が、「依頼会員」もしくは「依頼会員の指定した大人」に子どもを引き渡した時間。ただし、公共交通機関等を利用して遠距離(※)の活動をする場合は、以下の通りです。※遠距離とは、公共交通機関等を使用しなければ活動できない距離のことです。
  • 電車やバスを利用して活動する場合は、提供会員が「依頼会員」もしくは「依頼会員が指定した大人」に子どもを引き渡した後、帰路をたどり、提供会員が自宅の最寄り駅(バス停)に到着した時間
  • 車を利用して活動する場合は、提供会員が「依頼会員」もしくは「依頼会員が指定した大人」に子どもを引き渡した後、帰路をたどり、提供会員の自宅に到着した時間
補償保険について
保険の申し込みは、活動前に依頼会員が事務局もしくはサブリーダーに連絡(電話・留守番電話・FAX・Eメールいずれでも可)をすることで保険の対象になります。連絡がない場合は、保険の対象になりません。
連絡いただくことにより、事務局が保険料を負担し、提供会員の活動時に保険がかけられます。
保険の連絡は「お住まいの区・依頼会員の会員番号・氏名・子どもの名前・提供会員の氏名・活動日時・活動内容」をお知らせください。
一度に申し込みできる期間は、2ヶ月分です。(例えば、4月1日に申し込みされる場合は、4月分と5月分です。)

ファミリー・サポート・センター補償保険は、ファミリー・サポート・センターの登録会員及び対象の子どもが援助活動中に傷害を被った場合に備えておくとともに、万一の賠償請求に備えることによって、会員が安心して活動に参加できることを目的とするものです。
万が一、事故が発生した時は、双方会員と事務局の三者で話し合いをして解決をしていきます。事故発生時においては、マニュアルに沿って対応します(緊急時の対応マニュアルは講習会でお渡しした「手引き」に載せています)。ご理解・ご協力をお願いします。
援助活動中の保険(依頼子供損害保険・サービス提供会員傷害保険)に、平成29年度から、地震による傷害にも対応できる天災補償や令和元年度からは、熱中症特約、令和2年度からは、細菌性食中毒補償特約の付いた保険に加入しています。
@依頼子供傷害保険
援助活動の対象である子どもが、保育活動を受けている間に急激かつ偶然な事故を被った場合、提供会員の過失の有無にかかわらず補償するものです。
Aサービス提供会員傷害保険
保育活動を提供する会員が、ファミリー・サポート・センターの調整による保育活動の提供中や、保育サービスを提供するため自宅と依頼会員の子ども宅や保育所等への往復途上(自宅との通常経路)において、傷害を被った時に補償するものです。
B研修・会合傷害保険
ファミリー・サポート・センターが主催する研修・会合(交流会を含む)中、もしくは研修・会合会場への往復途上(自宅との通常の経路)において、出席者(子どもを含む)が傷害を被ったときに補償するものです。
C賠償責任保険
保育サービスを提供する会員が、保育サービス提供中、監督ミスや提供した飲食物等が原因で第三者(依頼会員の子どもを含む他人。なお、提供会員と同居の親族を除く。)の身体または財物に損害を与えたことにより、法律上の賠償責任が生じた場合に負担する賠償金等を補償するものです。
傷害保険補償額 @ A B
  @
依頼子供傷害保険
A
サービス提供会員傷害保険
B
研修・会合傷害保険
備考
死亡 300万円 500万円 500万円 事故日より180日以内の死亡
後遺障害 程度により
300万〜12万円
程度により
500万〜20万円
程度により
500万〜20万円
事故日より180日以内の
後遺障害発生時
入院[1日] 3,000円
(1事故につき30日を限度)

3,000円
(1事故につき180日を限度)

3,800円
(1事故につき180日を限度)
事故日より180日以内に入院した場合
手術 3,000円×所定倍率 3,000円×所定倍率 3,800円×所定倍率 事故日より180日以内の所定の手術
通院[1日] 2,000円 2,000円 2,300円 事故日より180日以内で90日分を限度
賠償責任保険(支払限度額)C
事由 補償額(限度額)
対人・対物賠償(1事故につき) 2億円
初期対応費用 1,000万円
訴訟対応費用 1,000万円
受託者賠償責任保険(依頼会員から預かった現金が盗難にあった場合) 10万円
賠償責任保険とは別に、依頼会員の子どもが提供会員宅の財物を破損したり、提供会員の子どもにケガをさせた場合、提供会員に対して3万円を限度にお見舞金を支払う制度があります。(条件あり)
詳しくは、下記事務局までお問い合わせください。
お問い合わせ先
ページのトップへ戻る
famisapo@sakai-syakyo.net