トップページ > 日常生活自立支援事業
 
権利擁護って何ですか?
日常生活自立支援事業は、認知症や知的障害、精神障害のために判断能力などが十分でない方々が、自立して地域生活を営めるように、福祉サービスの利用手続きの援助や、日常の金銭管理を行うことによって、在宅生活を支援する制度です。
平成21年度からは待機者への対応として、必要性の高い方を優先して対応する取り組みを行っていますのでご相談下さい。
実施主体
社会福祉法人 堺市社会福祉協議会
〒590-0078
堺市堺区南瓦町2-1 堺市総合福祉会館内
TEL:072-232-7771(直通)
   072-232-5420(代表)
FAX:072-221-7409
 
窓口時間
月〜金曜日 午前9時から午後5時30分
☆正午から12時45分までは休憩時間です。
☆祝日、年末年始を除きます。
対象者
堺市内で生活し、判断能力が不十分な認知症高齢者、知的障害や精神障害で、福祉サービスの利用等について、自己判断のみでは適切に行うことが困難な方。
サービス内容
@福祉サービスの利用援助サービス
・福祉サービスの利用に関する情報の提供、相談。
・福祉サービスの利用における申し込み、契約などの代行・代理。
・福祉サービスの利用料金の支払い代行。
・福祉サービスの苦情を解決するための手続き。
A日常的金銭管理サービス

・年金及び福祉手当の受領に必要な手続き。
・病院への医療費支払いの手続き。
・税金や社会保険料、電気、ガス、水道等の公共料金支払いの手続き。
・日常の生活費(食費、日用用品、家賃等)の支払いの手続き。
・預貯金の出し入れ、解約などの手続き。
・日常生活に必要な事務手続きの支援。
B書類等預かりサービス
・年金証書 ・預金通帳 ・実印、銀行印
・証書(保険証書、権利証、契約書類など)
・その他実施機関が適当と認めた書類(カードを含む)
※サービスには次の利用料が必要となります。
サービス料金表(※相談は無料です)
福祉サービス利用援助 1,000円/1回
ただし生活保護を受給されている方は無料
日常的金銭管理サービス
(福祉サービス利用援助も含む)
1,000円/1回
ただし生活保護を受給されている方は無料
書類等預かりサービス 実費 7,200円/年
サービス実施に伴う費用については、利用者の実費負担となります。

・日常的金銭管理サービス・・・振込み等の実費、その他諸費用
・通帳・証書類等預かりサービス・・・貸金庫利用料、その他諸費用


手続きの流れ
日常生活自立支援事業リーフレット(PDF)