トップページ > 基幹型包括支援センター
基幹型包括支援センター運営事業
高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、各区役所内に設置された基幹型包括支援センターを運営しています。市内21か所の地域包括支援センターと連携し、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどのスタッフがそれぞれの専門性を活かしながら「チーム」として総合的な支援を行います。
主な業務
介護・健康・福祉・医療などの困ったことや不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。介護保険だけでなく、さまざまな制度や地域活動などを利用した総合的な支援を行います。
高齢者の方の人権や財産を守る権利擁護や、虐待の早期発見・防止をすすめていきます。成年後見制度の活用や、消費者被害防止に努めています。
介護が必要となるおそれの高い方に対して、堺市が行う介護予防事業などを紹介し、身体の状態の維持、改善をめざします。
※介護予防ケアプランの作成は地域包括支援センターで行なっています。
高齢者の方を支えるケアマネジャーを支援し連携を深めます。医療機関をはじめとするさまざまな機関と連携して、高齢者の皆様を支えるネットワークづくりに取り組んでいます。
地域包括支援センター・基幹型包括支援センター所在地一覧
29年度(下半期)統括課 営業日のお知らせ
「困難ケース対応に関するアンケート」報告
介護予防・日常生活支援総合事業

手引き・様式・資料集】
ケアマネージャーのための情報ガイド・相談シート
ケアマネジャーのための情報ガイド(堺市版)
ケアマネジャー相談シート 様式
堺区版 中区版 東区版 西区版
南区版 北区版 美原区版  
認知症地域支援・ケア向上事業
平成24年度より堺市から認知症施策総合推進事業を受託しています。認知症の専門的な医療を提供する認知症疾患医療センターをはじめとした医療機関や介護 サービス及び地域の支援機関をつなぐコーディネーター役である認知症地域支援推進員を配置し、医療と介護の連携強化、地域における支援体制の構築に取り組 んでいます。
主な業務
サポーター養成講座

認知症高齢者等にやさしい地域づくりの為に、認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を養成する「サポーター養成講座」を開催しています。
H29年度末までに国の目標である人口の5%(56,000人)の方々へのサポーター養成を目指しています。
認知症サポーター養成講座開催予定
認知症サポーター養成講座を開催する職場・団体を募集
若年性認知症を支えるためのしおり
医療と介護の連携
「堺市における医療と介護の連携をすすめる関係者会議(いいともネットさかい)」、「堺地域『医療と介護の連携強化』病院連絡協議会(C・Cコネット)」に参画し、堺市における医療と介護の連携強化への取り組みをすすめています。
堺市における医療と介護の連携をすすめる関係者会議
愛称 いいともネットさかい
高齢者ののちときがいを支えるためにともに力になろう
趣旨 堺市内における医療関係者と介護・保健・福祉関係者が、互いの研鑽・交流を図る。
構成員 堺市医師会/堺市歯科医師会/南河内歯科医師会/堺市薬剤師会/認知症疾患医療センター/大阪府訪問看護ステーション協議会堺ブロック/大阪介護支援専門員協会堺ブロック/介護支援ネットワーク協議会・さかい/堺市/堺市社会福祉協議会
堺市における医療と介護の連携をすすめる関係者会議
愛称 C・Cコネット
Cure(治療)と Care(介護) をコネクト(つなぐ)
趣旨 いいともネットさかいの活動と連動し、地域における病院関係者と福祉・介護従業者の相互間における利用者の情報共有と連携を強化し、先を見越した支援、在 宅から病院あるいは病院から在宅へのスムーズな移行、医療情報に基づくケアプランの作成など、利用者に切れめのない医療と介護のサービスを提供できる、互 いの連携体制を構築することを目的とする。
構成員 堺市内の急性期病院・療養型病院・精神科病院/
大阪介護支援専門員協会堺ブロック/大阪府訪問看護ステーション協議会堺ブロック/堺市社会福祉協議会